老人福祉施設その他 有料老人ホームへの要望1 有料老人ホームへの要望2有料老人ホームの条件

>>お問い合わせ  

有料老人ホームへの要望3

現在日本にはたくさんの有料老人ホームがあり、そこでやはり数多くの高齢者が生活を送っています。何度も紹介していますが、有料老人ホームを含めた老人福祉施設には数多くの種類があります。そしてそうした有料老人ホームに入所する高齢者、及びその家族にも様々な事情があります。実際に有料老人ホームに入所する場合、数ある有料老人ホームの中から一つを選ぶことになりますが、その際には勿論各有料老人ホームの入居費用や設備、サービス内容について知っておくことも大切ですが、それ以前に有料老人ホームに入所する高齢者自身のことについてよく知っておく理解があります。それはつまりどうして有料老人ホームに入所する必要があるのか、どうして有料老人ホームに入所したいのか、といったことだけでなく、有料老人ホームに入所した後何がしたいのか、どんな生活を思い描いているのか、といった内容です。こうした個人の状況や要望、或いは有料老人ホーム入所後の生活の展望によって、入所するするべき有料老人ホームが違ってきます。もしここで選択を間違えてしまうと、有料老人ホームに入居してからの生活で「こんなはずじゃなかった」と後悔することになりかねません。折角の有料老人ホーム選びです。有料老人ホームの選択を誤らないようにするためにも、まずは高齢者自身の状況について、本人及びその家族がしっかりと理解しておくことです。

上記のように有料老人ホームに入所を希望する人と言っても、個人によっていろいろな状況がありますが、それには例えばこんな状況があります。それは高齢者の痴呆が進んだり、寝たきりになってしまったりして、家族の手による自宅での介護が難しくなり、その結果介護はそのプロに任せて、少しでもよい介護が受けられるようにしてあげたい、と言うケースです。最近とみに多く見られるケースですが、こうしたケースでは一体どういった有料老人ホームを選んだらいいのでしょうか。このように痴呆が進んだり健康が優れない場合には、やはりできることなら個室のあって、スタッフの目のよく行き届いた有料老人ホームに入所させたいものです。最近では有料老人ホーム、特に民間運営の有料老人ホームでは介護専用の個室が増えてきています。トイレも個室についていることが多くなっていますから、高齢者が痴呆や寝たきりの場合でもプライバシーが保たれています。最近では介護専用として、介護のサービスのたいへん行き届いた有料老人ホームが増えています。ですがそうした有料老人ホームを選ぶ際に、ここで注意しておいていただきたいのは、介護サービスの量や質そのものだけではありません。ここでチェックしていただきたいのは「自立支援システム」が有料老人ホームにおいて整備されているかどうかです。たとえ介護の必要な高齢者に手厚い介護サービスが行われても、その高齢者がずっと寝たきり、或いは痴呆が進む一方では、家族も心を痛めるでしょうし、なにより本人もつらいことでしょう。この「自立支援システム」の考え方は、あくまで寝たきりや痴呆のある高齢者でも少しずつ自立ができるよう応援していくシステムです。あくまで高齢者の健康で自立した生活の実現をその目的とする考え方です。実は高齢者に痴呆があったり、或いは寝たきりであっても、介護の仕方によっては随分と良くなるケースも多く見うけられます。従って介護のそうした考え方、システムが取り入れられた有料老人ホームを選んだほうが、家族にも本人にもプラスになるでしょう。細かい例で言えば、例えばすっとオムツを付けっぱなしにしておくのではなく、高齢者自身でトイレに行かせることを目標にするべくスタッフがトイレ誘導をしてくれるかどうか、といったところです。高齢者本人はなかなか言えないでしょうから、家族がしっかりと高齢者本人と意思を通じさせ、チェックしていきたいところです。

おすすめWEBサイト 5選

最終更新日:2017/3/29